Dr.Z Carmen Ghia 112 Combo Amp Movie

Dr.Z Carmen Ghia 112 Combo Amp

Dr.Z Carmen Ghia 112 Combo Amp

どうも!Sakotyです!

前回ご紹介しました、Roland JC-40 ギターアンプに続きまして、今回はDr.ZのCarmen Ghia 112 Comboの動画を撮ってみました。
このアンプはDr.Z社のチューブ(真空管)アンプで、出力18W、コントロールはボリュームとトーンの二つしかないけど、弾いていてとても気持ち良いアンプです。以前にも記事を書いているので、よろしければコチラを。
Carmen Ghia 112の真空管を変えて、ハムノイズを軽減した記事はココです。

またしても地元のコミュニティーホールを借りて、いろいろ弾いてみました。特に、このアンプに付いている「Brake-Lite」という、アッテネーターを切り替えた時にどう音が変化するのかを試してみました。
アッテネーターっていうのは、 続きを読む

Sony HDR-MV1

ミュージックビデオレコーダー、Sony HDR-MV1で撮ってみた。

スタインバーガー シナプスのボディ下部にHDR-MV1をクリップで取り付けて、ギターアンプから出力、オケをコンポから流して録画。
音が小さかったのと、ギターの振動をビデオカメラが拾ってしまったので、音としてはそんなに良くないが、この映りはとても面白い。

続きを読む

Fender GB Hot Rod Deluxe

続きです(^^)
フェンダーのアンプ、Hot Rod Deluxeにジョージベンソンのシグネイチャーモデルが出ていた。Fender GB Hot Rod Deluxe。
ハンバッキングPUにマッチングさせて、歪みではなく、クリーンに重点をおいたチューブアンプ。
出力は15W~28Wクラスより大きい40W。ノーマルのHot Rod Deluxeと比べて歪みにくいらしい。
ボクが探しているキャラクターまんまだ!
これっす↓

実は昨日と今日、楽器屋で試奏してきた。
昨日は銀座山野楽器4階。
ギターはシャドウスキーのフルアコ。
山野だとあまり大きな音で試奏しにくい気がして、ボリューム2~2.5の間で弾いてみた。それでも大きな音だった。クリーンチャンネルだったので、そりゃ歪まないけど耳にキンキンする感じは無かった。
こ、これは本命かも!!
で、今日は新宿のミュージックランドKeyさんで弾いてきた。
ギターはセミアコ。
他にお客さんがいなかったので、ボリューム3~3.5で弾いてみた。
指弾きで。これでも歪まなかった。
ピックを使って弾いてみたが、かなり大きな音になっちゃったので、ボリューム2.5に下げる。
山野楽器で弾いた時に比べると低音がすごく出ていて、扱いにくい印象だった。
選ぶのなら実機で試してみて、良い感じを受ける方が正解だとは思うけど。。。
ホットロッドデラックスは、歪みの音も定評があるようだ。
GBはクリーン重視の仕様だが、歪みはどうなんだろうと、ドライブChに切り替えてみた。ドライブを4にして、マスターボリュームで音量を調整。
PUがハンバッキングだったせいか、じゅーぶんに歪む。
落ち着いた歪みだ。これはこれで良い音。

クリーン重視の真空管アンプ。
いいですよぉ~(^o^)/
デラリバもいいけどな~(笑)

Fender ’65 Deluxe Reverb Reissue

こんばんは!Sakotyです。
おとといの6/16、Jazz Duoの” S a Y u “にて、練馬のTazzro Clubでライブをやってきました。
1stから見に来て頂いた、素敵な女性のお客さま(お名前聞くのを忘れました。<(_ _)>)、感謝です。ありがとうございました!
さて話は変わりますが、その前日、リハの後にお茶の水散策(楽器屋巡り 笑)をしてきました。
ボクが探している、クリーンのきれいなチューブギターアンプ。
いろいろ試してみたけれど、むむ~。。。
Dr.Zカルマンギアのクリーンはお気に入りだけど、もう少し大きな出力で、且つ歪まない方向で、ってなると、やっぱりフェンダーがいいのかな?と思って、デラックスリバーブを試奏してみようと。
これ以上のサイズ、例えばツインリバーブって選択肢は、重さとか値段的にどうかなって気もするし。
実は、デラリバは社会人になってから、年代は忘れたけど銀パネを手に入れて長いこと使っていて、自宅でしか使ってなかったんだけど、とても好みの音だった。
で、函館時代に地元で毎週末にお世話になったライブ喫茶に、自分用のアンプとして持ち込んで使ってたんだけど、ドラムが入ると出力的にはやっぱ弱くて、気がつくとフルテン。キレイなクリーンなんてとても出せなくて、毎回これじゃなぁ。。。と悩み、結局デラリバを売却して、代わりにTube Worksっていう100Wのアンプにした経験がある。
デラリバは22Wだ。ネットで検索すると真空管の22Wは音圧もあり、そこそこライブでも使える、みたいな記事も見かける。でも、自分の経験では出力足りなかったし、中古だったし、新品ならどうかな?って思いもあって、Reissueのデラリバを弾かせてもらった。

ボリューム3位までのクリーンはやっぱり好みの音だ(^^)
ボリューム6ぐらいにして、ギター側を絞っても良い感じ。
キンキンせず、自分が好きでいつも使ってるコードの響きがイイ。
シングルノートも落ち着いた音が出る。(指弾きで)
店員さんに聞いたら、ドラムが入るとクリーンではやっぱ無理みたい。
ライブである程度使えるって話は、歪みが欲しい人でしょうね。って事だった。ボリューム下げてPAで拾うって手もあるんだけどね~。
だったらお客さん、ホッドロッドデラックス (ムニャムニャ*)どうすか?って言われた。
いやいや、今弾いた通りストレートアヘッドなジャズがメインだし、ファンクやる時も基本クリーンで、ある程度大きな音が出るのが理想だよ。ホッドロッドって合うの?クランチみたいなのは探してないよ?
う~ん、ですよね~。。
って話になり店を後にして、デラリバは久しぶりでよかったな~♪なんて、考えながら歩いてて、ふと思い出した。
さっき(ムニャムニャ*)って、聞こえたけど、たしか、「ジョージベンソン」って言ってたような気がする。。。
なんだそれ?ジョージベンソン好きだけど。アンプの話してたよな??
(続く。。。笑)
ちなみにクリーンのキレイな候補アンプとして、Carr Ramblerの評判も良く目にする。

出力MAXで28W。機会があったら弾いてみよう。
価格的にはカナリ無理っぽいが(^^;

【ギターアンプ】Fender USA ’68 Custom Deluxe Reverb

【ギターアンプ】Fender USA ’68 Custom Deluxe Reverb
価格:137,813円(税5%込、送料込)